Skip to Content

2011 NAB SHOW開催

次世代マスターへの取り組みが加速


2011 NAB SHOW(全米放送機器展、主催:全米放送事業者協会)が、4月9~14日の6日間の日程で、ラスベガス・コンベンションセンター(米ネバダ州)で開催中だ。デジタル一眼ムービーの普及やソーシャルメディアの活用が進み、映像制作の幅が広がりを見せるなか、映画・テレビ番組・CMのワークフローもまた、コストを重視しながらも、より高画質を指向していく新たな取り組みが始まったようだ。

ラスベガス・コンベンションセンターのサウスホール入口。震災直後ということもあって、日本人の姿は少なめ。しかし、会場内は新たなワークフローを求めて、多数の人が訪れた。展示2日目の4月12日の段階で、登録入場者数は92,708人に達した(昨年最終実績88,044人)。

 

各社のプレスカンファレンスの開催状況だが、リーマンショックによる2008年後半からの予算縮小傾向は、すでに一段落した印象だ。以前のように各社がプレスカンファレンスを乱発して資料を配りまくるということはなくなってきた。しかし、発表する内容に応じてホテルのボールルームを使用したプレスカンファレンスも再開してきており、米国の景気は徐々に回復してきていることを感じさせた。

これまでのワークフローは、リニアワークフローからノンリニアワークフローへ、ビデオテープの延長線上でファイルベース化を進めながら、より高画質を求めていくものだった。しかし、REDやデジタル一眼の大型イメージセンサーの映像利用が進んできた現状にあって、ようやくフィルムを超える高解像度・高画質のファイルベースマスターが必要になってきたと言える。これまではフィルム制作のファイルベース化として、ハイエンド制作で検討してきたものであったが、誰もが大型イメージセンサーを扱うことが可能になった現在、ファイルベースを元にした新たな次世代ファイルベースワークフローの構築が始まった。今年のNAB SHOWでは、ソニーがHDCAM SRのRGB4:4:4制作をファイルベース化するHDMASTERを推進し、パナソニックもAVC ULTRAへの取り組みを紹介するなど、フルHD 4:2:2を超える高解像度・高画質にむけた次世代マスターへの取り組みが見られ始めた。それも、限られた予算をうまく配分し、ネットワーク環境も利用しながら、より効率的に運用できる環境の構築だ。新たな映像制作ワークフローの胎動が始まった年となったようだ。

 

(写真左)パナソニックは次世代コーデックAVC ULTRAのコンセプトを発表。H.264ベースで、ハイエンドポストプロとDIマスター向けに、4K 4:4:4クオリティの配信を可能にするコーデックとなる。利用メディアや製品投入時期などの詳細は未定。 (写真右)ソニーは、HDCAM SRのRGB4:4:4制作ワークフローをSRMASTER制作としてファイルベース化。新開発メモリーストレージシステムSRMemoryには、HDCAM SRコーデックで記録することで、エンコード/デコードにおける画質劣化を避け、従来のHDCAM SRワークフローとシームレスに連携できる。 

 

次世代環境を考える好機に


こうした次世代マスターへの移行は、日本の制作環境にも大きく影響を与えそうだ。3月11日に発生した東北地方太平洋冲地震、その後の福島第一原子力発電所トラブルなど未曾有の災害が相次いだ。2011 NAB SHOW会場で聞いてみても、直接/間接を問わず、少なからず各社とも部品調達に影響を受けているようだ。日本の経済活動もかなり停滞している状況であり、映像制作でも長期的に運用でき、よりコストパフォーマンスに優れたワークフローが必要になってきている。ACジャパンのCMを連続で絶え間なく流す必要があるほど、制作が落ち込んでいる現状にあっては、これまでのように大規模な予算を獲得しながら、現状の使用機材/ワークフローの一部を見直していくこともしにくくなっている。

そんななか開催された2011 NAB SHOWだが、高解像度・高画質のファイルベースマスターへの胎動は、ワークフローを見直さざるを得なくなった日本にとっても、ある意味チャンスではないだろうか。テープに縛られてきたワークフローを見直し、ファイルベースを基本とした次世代ワークフローに向けたビジョンを検討し、どう実現していくか──。折しもファイルベース制作への移行が進み、CM搬入/番組交換基準においてもファイルベースでのやりとりが可能になった現在、本格的に次世代ファイルベース環境を見つめていく時期でもある。まさに正念場を迎えているとも言えそうだ。 (イメージアイ/秋山謙一)