Skip to Content

新着情報

池上通信機、ジュピターショップチャンネルより 新オフィス向けフル4Kスタジオ・サブ映像設備を2月に一括受注 2021年3月より運用開始予定

池上通信機株式会社は、この度、テレビショッピングの大手であるジュピターショップチャンネル株式会社(以下:ショップチャンネル)より、新オフィス向けフル4Kスタジオ・サブ映像設備を2020年2月に一括受注した。スタジオの運用開始は、ショップチャンネルが設立25周年を迎える節目の年である2021年3月を予定している。

ショップチャンネルは、2018年12月1日のBS 4K/8K衛星放送スタートと同時期に、4K放送設備を完備したスタジオの新設と、従業員の声を反映し、新オフィス(東京都江東区)へ移転した。

ショップチャンネルでは、これまでも池上通信機の放送設備を採用しており、現在も24時間365日放送されるフルHDの良質な映像による番組制作に貢献している。
今回は、ショップチャンネルのこだわりである、「商品の魅力をより美しい映像とともにお客様にお伝えする」というコンセプトに沿った形で、色再現や超高精彩を実現する12G-SDIによるフル4Kシステムを柱に、「24時間365日止まることのない放送に耐えうる柔軟なシステムとサポート体制」、「省力化に対応した使い勝手の良いシステム」を実現するフル4Kスタジオ・サブ映像設備を提案した。

三友カメラ内覧会2020開催

三友では、毎年恒例となっているカメラ内覧会を本年も開催する。各社最新カメラの他、レンズやモニターなどの周辺機器を展示する。

NTTドコモ東北支社と、仙台放送、ソニービジネスソリューションが映像のリアルタイムクラウド編集・中継に向けた5G実証試験に成功

NTTドコモ東北支社(以下、ドコモ)と、仙台放送(以下、仙台放送)、ソニービジネスソリューション(以下、SBSC)は、第5世代移動通信方式(以下、5G)を活用した実証試験(以下、本試験)を、2019年12月19日(木)に実施し、5Gを用いた映像のリアルタイムクラウド編集・中継に成功した。
なお、本試験はNTTドコモ東北支社エリア初の屋外5G通信エリアを用いた試験となる。

ソニービジネスソリューション、Spectee(スペクティ社)と業務提携契約締結

ソニービジネスソリューションは、AIを活用した情報解析ソリューションを提供するSpecteeと業務提携契約を締結した。なお、本契約とともに、スペクティ社に対する一部出資(出資比率:10%未満)も行われた。

ソニービジネスソリューションは2018年からスペクティ社と販売パートナー契約を締結し、同社が開発するSNSリアルタイム速報サービス「Spectee(スペクティ)」や、AIアナウンサー「荒木ゆい」ボイス・プラットフォームサービスを提供してきた。AI技術の進化が社会や企業のあり方を急速に変化させる中、ソニービジネスソリューションは、映像コンテンツ制作をはじめ、放送業界や各種企業の業務効率化に活用できるAIソリューションの提供に力を入れている。

今回の業務提携により、独自のAI技術を持つスペクティ社とのパートナーシップを強化し、ソニービジネスソリューションのサービス提供ノウハウと組み合わせた、新たなAIソリューションの提供を目指す。

パナソニック、HDR対応の眼鏡型VRグラスを開発

パナソニックは、4Kを超える高解像度で、世界で初めてHDRに対応した眼鏡型VR(仮想現実)グラスを開発した。

コンテンツ配信